爪水虫による日常

爪水虫はうつす前に治す「爪白癬早期治療法」

爪水虫に足を引っ張られる日常

うつしてしまうかもしれないということで、気が引けてしまい、例えば家に招待されるのがとても憂鬱ということもあります。

自分が水虫菌をばら撒く可能性があると思うと無闇に人の家には上がれない。スリッパを出されたら?履いても履かなくても迷惑だ。家についてすぐに足を洗わせてもらおうか、いや、気休めにしかならない上に足を拭くタオルを借りていたのでは意味がない。水虫だとばれたらもう二度と家に呼ばれないかもしれないぞ。そうかと言って黙っているのもやっぱり気が引けるし、もういっそ、その日は空いてないことにして断ろうか・・・。

あえて言いますが、命にも関わらないたかが水虫、たかが爪水虫のことで、これほど身動きがとれなくなることだってあるのです。

家に限らず、例えば今度の週末に温泉にでも行かないかと誘われたら?新しい靴を買いたいとき、試着もせずに買いますか?足が疲れてもマッサージなんてもってのほかではないですか?

人にうつしてしまう可能性が高いのは確かです。だから気にするなとは言いません。だけどもし病的に神経質になって、負い目を感じて、人間関係や自由な行動に自ら制約をかけてしまうような状況になりそうなら、もしくはなっているのなら、そうなる前に出来るだけ早く治してしまいませんか?

爪水虫は確かに厄介です。うつしてしまったら大変だと思うのは当然のこと。自分が爪水虫だと気付いたら「人にうつす前に治す!」。そうすることで爪水虫の症状などよりもっと大きな、心の負担を回避できるのです。

 爪水虫に足を引っ張られる日常
 早めの治療におすすめの爪水虫薬
 治ったと思ってからのケアが再発を防ぐ