爪水虫のケア

爪水虫はうつす前に治す「爪白癬早期治療法」

治ったと思ってからのケアが再発を防ぐ

Dr.Gsクリアネイルの優れた点は、なんと言ってもその浸透力にあります。この一般の外用薬ではなかなか浸透しない爪の中にまでしっかり浸透する特許技術と、強力な殺菌能力が、多くの爪水虫を患っている方の信頼を得ています。

白癬菌に直接働きかけ殺菌する成分(トルナフタート)と、爪の下までしっかり浸透する技術によって、早期の場合多くの方が2~3週間程でその効果を実感することになります。徐々に白く濁っていた爪や、筋状の線が走っていた爪が健康なピンク色に戻り始め、その効果に手応えを感じることになるでしょう。

しかし、そこで油断してしまうのが爪水虫治療の厄介なポイントです。

白癬菌は非常に頑固で、生命力の高い菌ですから、少しでも爪に残党が生きていればたちまち再発してまた元通りの白い爪へと後戻りしてしまうのです。

これではせっかく早めに治療したのにまたやり直しとなって、時間もお金ももったいないことこの上ない。爪水虫は治療を始めたのなら爪が完全に生え変わるまではせっせと薬をつけ続けてください。

外用薬での爪水虫治療は完全に自分の判断で行うものですから、早い段階で止めてしまわないことが最も重要なポイントと言えるでしょう。

また、爪水虫は初期症状だとしても、足の皮膚に感染した水虫はどうでしょうか。一般的に爪水虫は、足の皮膚に住み着いた白癬菌が爪に進入して罹ることが多いので、その場合こちらも同時に治療しなければなりません。

クリアネイルは爪水虫専用のお薬となっているので、皮膚には皮膚用の水虫薬をつけていただく必要がありますが、これも再発や身の回りの人達への感染を防ぐ上では絶対に必要なのです。

爪水虫や水虫は確かに厄介なものですが、治療を始めてしまえば、比較的簡単に治るものなのだなと実感していただけるはずです。それが初期の段階で始めるのならなおさらのこと、爪の見た目や、他人にうつしてしまうかもしれないと悩んでいたことが嘘のように思える日がすぐに来るはずです。

大切なことは、途中で油断して治療を止めないこと。足の爪は生え変わるまでに最低でも4ヶ月~半年程度はかかりますから、つまりそれが治療にかかる時間です。治すのならしっかり治して、爪水虫に振り回されない人生を取り戻しましょう。

 爪水虫に足を引っ張られる日常
 早めの治療におすすめの爪水虫薬
 治ったと思ってからのケアが再発を防ぐ